これは教養や知性や努力にかかわりない。男の真実の姿なのだ。それに反して、たとえ欲望に目覚めていたにしても、若い娘は、みずからの生活姿勢の在り方によって性の営みをつつしむことができるものなのである。女の生理はそうなっているのである。世間はそれを知り、未婚の女にそのつつしみを求めている。ある娘がその要請に逆らうのを快しとしない。そこで批難の目を向けるのである。したがって、男が、「ひとつ、あの女をもてあそんでやろう」と望み、かつまたそれを実行に移すことは、アプリ 出会い系 で出会っても社会的に損でない。が、それはきわめて小さい。それにくらべて、女が、「ひとつ、あの男をそノにしよう」そう考えてそれを実行した場合、社会的な信用を失うことになるのである。だらしない女という刻印を押され、その刻印はなかなか消えるものではない。若い男たちが遊びまわっている。いい気になってそんな男たちにつきあっていると、たいへんなことになるぞ。損になる場合もあるひとりのずるがしこいプレイポイが告白した。「なあに、今つきあっている女どもは、おもちゃだよ。おもちゃほどの価値しかない。そのうちにおれ、清純で教義ある処女と結婚するんだ」似たようなことを筆者に言った女子大生がいた。しかし女の場合、いざとなったとき、彼女の望む相手が、はたして彼女を生涯の伴侶として選ぶかどうか。多くの男の手垢に汚れた女など、まともな男なら好んで選ぶはずがない。なんのかんの言いながら、男が妻たるべき女にもっとも求めているのは、清純さなのである。乙んな女には近寄らない目立つ女がもてなかった理由先だって、大学の同窓会があった。当時、各大学に、女子はそう多く入っていなかった。女子が大量に大学に入るようになったのは、高度成長以後である。多くの女子高校生は、卒業後、就職するか各種学校に行った。なかには、そのまま花嫁修業に入る娘もいた。花嫁修業とは、花嫁としての素養を身につけることである。お茶、花、料理、琴、和裁である。それが、戦前の日本の娘の習うべき希望条件であった。現実にかつての日本の娘がそれらの教義をすべて身につけていたかというと、そうではない。そんな余裕のない家が多かった?それはきて、とにかく、裕福な家の娘でも、大学に行くのはかぎられていた。そんな風潮はなかった。それでも、各大学の文学部には、わりに女子学生は多かった。もともと文学部は、実用的なことを教える学部ではない。

本来、目的とはなり難い恋愛が、約報化されると、目的志向的に変質され、叩物的に分解されてしまう。とくに男性のセックスは、生物学的機能、解剖学的構造から目的志向的になりやすいから、マニュアルが市.宝と思いがちなのかもしれない。かつて恋愛は、男女一対が流布された一体化の神話的幻想にかられ、その吋能性がかぎりなく零に近いことを身をもって体験する過程である場合が多かった。が、情報時代の現在は、的別に務副位された断片的別報と、名’Hが抱〈イメージと、行動することでわかってくるあらゆる事がらが混在する現実とのギャップの大きさに杭而し、動揺し混乱しなが。ら異性と自分を考える立重な体験である本弁は「まえがき」でふれた泌り、二代切性の恋愛、行動の引状をリポートしながら新旧世代の相互理解を凶るのが目的であり、恋怨危加南のガイドブックではないが、のえてφ加えると、インスピレーションを感じる女性と出会った時、杭極的にアプローチしたいと思うなら、恋愛をあまり立識せず、機会あるごとにできるだけ多くの女性とつき合って、災性を知っておくことが先決である。九μ引な女性。の胸ぞ借りて、感情の動きやコミュニケーションのとり方を学ぶ。恋愛聞係も人間関係に他ならないが、恋愛となると、一組の出火は問問から切り離される状-になりがちで、どうしていいのかわからなくなる似独に抗而する。本背でぶつかるしかないが、それには此在京必-裂で、一朝一夕には難しい。日頃から労を惜しまずトレーニングに励んでおく以外にない。関心は恋愛結婚恋愛と紡舶の意味、性僚は述うが、ふたつが結びついて恋愛紡賠となると、恋愛はプロセスてその結栄が結婚となる。結婚に歪らなかった恋愛は悲恋、失恋と言葉含変えてしまロマンチックラプぅ。社会学で解説される恋愛は、一二世紀、神聖ロ!?帝同時代のヨーロッパ、て発生し、そこで締式化された特定の社会の膝史的文化とされる。恋愛は社会の秩序とは相容れないものと凡なされ、騎士道や宮延社会でも結節制度とは別に位置づけられていた恋愛が結。第一章w判i化にJ吉川1る恋愛!:.t'i~号姉制度の小に組み入れられか愛給料,は市の間給。と考えられだしたのは、フランス本命に始まる近代ヨーロッパで市民社会が形成された後である。恋愛結時が認められるようになってからは、恋愛の反秩序的性格は薄れていった。日本へ恋愛が移入されたのは、一九枇紀の終りの明治二0年代て、アメリカから.であった。

よく凡たそれ仕ががら、きれいなヌドグラビアを見ると、色とか仕上げとか、そういう印刷物として見る、。そりゃ、問じグラビアでも風景を見る時とは違うけ出校時代みたいに興経しませんよ」江品川火山さん(二九)は、広代代理店のデザイナー。「会社にほとんの雑必がくるから、第一.ti'/報化に仰れる:i愛t紡断へアとメイ品近、他のは小中時代ったけど、家。ド級品にいちばん興味があったのは。ペコ戸。はできるだけ自を通す。仕事じゃなくて?もうこからがそうーん。こまでが仕事で、うじゃないか、わからないね。れ分で雑誌を口ったのは尚校と大学時代。ヌードが絞っているやつ。伐はオールスドより、・ポ持将ているほうが好きだと思った。今はもう雑誌じゃなくて、ビデオでしょう。動いてズパリのほうがいいんじゃないかな」「別性情報維誌」と一-うと、約報の内・鮮ではなく、サッとヌードグラビアを思い浮かべる人がいる。話が恋愛約制限からヌドへ一気に飛ぶ。インタビュして雑誌に関して答えてくれた人がかられるから断一足はできないが、二代の別性は円十い人は小学時代からスドグラビアに按し、女性のイメージをインプットする。換言すれば、産業化、情報化され、お金のために肉体性だけを肥大させた若い火性が、あたかも火性そのものであるかのように出山されたグラビアに、少年はイメージを釘づけにされ、妄思し、期待させられる。ヌード雑誌が容易には手に入らなかった時代の男性が、恋愛小説を読んで、英性に対してイメージを広げ、憧れをつのらせたのにくらべ、引在の二代は視党的で具体的な大量の刺激を受けている。実物ではないにしても、共体的に見ると、知ったつもりになりがちである。ところが、実際に身近にいる女性に近づこうとすると、どうしてよいかわからない。与えられたイメージとは勝手が述う。情報誌のマニュアルを忠実に実行したとしても、相手が特定の偶人であれば、いくら時代の共通性があると一託つでもマニュアル通りにいく$:第一情報化に航れる恋愛とがik将はずがない。スタンダルによると、恋愛は一一艇の錯覚から始まるという。その主張に対しては反論もあるが、個人と例人の問、て行われる恋愛行動は、不特定多数を対象にしたマニュアルの時論から始まらないことだけは確かである。もし、マニュアルのインプットで恋愛が始まるとしたら、コンピューター・ロボット同士が恋愛を謡歌しだして大変な事にならないかしら?と思ってしまう。

六人の動向を紹介しよう。情報誌は恋愛のマニュアルこれまで一度も女性と個人的なつき合いをした体験がない’臼川了さん(二五)は、高校二年生の夏、洗礼を受けたクリスチャン。推薦入学したミッション系大学には華やかなイメージがあるが、東北地方校住の両親からの「宥下の仕送りと焚川,本山ては生前、できなかった」ため、大学時代はアルバイトに梢を山した。引・校はキリスト教山版物を先行する会社に勤め、郷里で教師になるために受験勉強もしている。ときき手にするのは「ホットドッグ・プレス」とプロレスの専門維誌。「火の子に近づくためのマニュアルを説んでみると、そう簡単にはできないことばかり従んでいるか・ら、こんなにたくさんやらなくちゃいけないのかと思うと、気が軍くなって、『而倒くさいな』で終ってしまう。僕は太っているから、まずは折る物キメるのが大変問にコンプレックス持って思うから引っ込んでしまう」と柿報を日にするだけで尻込みしてしまう一行うよりバラバラ比る感じ学生時代は,かプレジデント887、みなんか。会社、て休憩時間に10から。・円いと思うのはないね」いるから、こういうヤツが話しかけても全然ダメじゃないの。外資系の銀行に勤める牧野茂引きん(二八)は「習悦的に結構読むほう」と。あ。とフル。向分、て山刈を毎口ってた。今はたり、誰かが持っているタスっ前は好色で読んでたけど、今は知っておいたほうがいいかなって程度に菜作院で働〈斉藤坪さん(二七)は、仕事がら、女性誌を比る。「ほとんどお店にあるの。体。「読むって。あまり而は全部。ワ点を比るだけ、どんな子に何をみせるか、へア、メイクもパッと。クは訴がやっているかも兄る。,タlザン。。自分で円以・フのは砂エスクアイア。前はいろいろ知らなくちゃと思ってたから、やたらと口ってたあんまり日わなくなった!・と一トι川十ζ」山川点一品うさん(二八)は、ヌードワ点が光り物の株主よくけんたのは「中学の.刷、一銀行。。(灯刊)が創刊され、仲間が学校へ持ってきたの。『すげえ』思ったがきっかけで、外川人のヌドを凡て内分、ても欲しかに持って州ると多分付税に怒られると思ったから口わなかった。学校の州りに友達議もこない所へ行って比た。今は・中山耶の小や週刊誌とか、然に日に入ってくるのしか凡ないそれより、毎日会社、て女性に気を追ってます」と冗談っぽく話った。印刷会社の仇業職・太田総介さん(二じ)は、「ヌいい川校時代や砂ペントハウス。

そのせいだよ」今回、ぼくが番きたかったのはこの点なのである。ぼくの見解は、ほぼまちがいない。l恋心を明かさない男は、まず美人であることによって、男たちから敬遠される条件を持っていた。その上、男たちに対して毅然とすることによって、男が接近するのを拒む姿勢を示しつづけていた。このような女子学生に接近するには、相当の勇気が要る。まず、あつかましくなければならない。度胸が要る。かなりのプレイポイなら、それが可能であったろう。残念ながら、ぼくらのクラスには、呑んだくれやいろんなのがいたが、プレイポlイはいなかった。プレイポイを気取っている男もいなかった。を見て、「うむ、きれいだな、親しくしたいな」と思う。に片思いしていた男がいたかいなかったか、ぼくにはわからない。そんな男がいた、と仮定しよう。その男は、しかしその恋誌の情を表現しなかった。自信がなくてぐずつているうちに、他の女の子(クラス内かクラス外かはともかくとして〉と親しくなったにちがいない。この点が重要なのである。はじめ、男がある女を見て、心・を動かされる。好ましいと思う。それが、しだいに恋心へと移る。しかし女のほうに反応がない以上、その恋どんなに恋しても、男は高級の花には近づきたがらない心は深くはならない。女に反応がないのに恋に身を焦がすということは、男女の交際がオープンになっている社会ではあり得ない。それは、男女交擦が禁じられている社会で生じる現象なのである。ある女に対してあこがれを抱きながらも、他の女と親しくなる。その女にはその女の長所や魅力がある。しかも彼女は男にやさしく、敏感に反応する。彼は、はじめに心惹かれた女をしだいに忘れ、自分にやさしい女に愛情をおぼえるようになるのだ。そこに肉体関係が成立すれば、なおさらである。前者は他人であり、後者は恋人だ。前者への最初の淡い恋心など、雲散霧消してしまう。ここに、男と女の関係のむつかしさが発生する。人生を悔いなきものにするために恋の勝者となるためには、先手を打たねばならない。そのもっとも強力な武器が肉体関係の成立である。からだを許せば女は弱い、とよく言われている。これは女にかぎらない。ある男が言った。「戯れに、遊びのつもりで抱いた。しかし抱いたあと情が移って、好きになってしまって、それで結婚したというわけさ」ない。愛情が深まってしまったのである。、その男は、処女を捧げてくれたその女に、負担を感じたのではない。

知的教養を身につける場所で、したがって裕福な家の娘にふさわしい。逆に、出世しようとする男子の行くべき学部ではない。何人ものぼくの友人が、文学部を志望して親に反対され、不本意ながら医学部や法学部などを選んだ。「文学部なら、行かなくていい」多くの親がそう怒鳴った。今とは隔世の感がある。もっとも、現在では文学部卒の就職は以前とはくらべものにならぬほど広くなっている。そのためにわが子が文学部に行くのに、親はさして抵抗がないのであるう。そのかわり、文学とはまったく無縁の若者が入るようにもなった。当時、早大仏文科はの2クラスに分けられており、およそ九十名の学生がいた。そのうち、女子は二十名ばかりもいたであろうか。そのなかの一人に、という美人がいた。だいたい、早稲田の女子学生には容姿端麗な子が多かった。「試験官は、女子は容姿によって合否を決めるのではないか」冗談半分にそう言われていたくらいだ。その佳人揃いの仏文科のなかでも、はひときわ目立っていた。そのが卒業後パに留学し、そこでスイス人と恋愛状態になった。現在、結婚してポγに住む。そのが、久しぶりに日本に帰ってきた。それを迎えてみんなで集まろうということになったのだ。急なので、幹事が電話で連絡した。集まったのは、三十数人である。そのなかには評論家の青木雨彦もいる。つまり、青木と.ほくは同級なのである。主役が女性だということもあって、出席者の半数ぐらいが女性であった。しかしだいたい、同窓会における女子の出席率は高い。卒業して二十七年、男も女も、体型容貌ともに変わっている。けれども、やはり当時の面影は強く残っている。つまり、本誌の読者くらいの子を持つ父親や母親が集まって、本誌の読者くらいの歳であったころをなつかしむ会なのである。縁あってみなが同級生となデたとき、みなは十代であった。二次会でが言った。「大学時代、どうしてあたしは異性にモテなかったのかしら?」どうやら彼女は、一回の恋もせずに卒業してパリヘ行ったらしい。ぼくには初耳であった。「へえ、一人も恋人がいなかったの?」「そうなの、キスひとつしなかった。だれもプロポーズしてくれなかったもの」「なるほど、あり得ることだ」ぼくはの疑問に明快に答えた。「それは、さんが美し過ぎたからだ。最初から、男たちはあなたを高嶺の花と思っていた。とうてい自分の及ぶところではない、とあきらめていた。あなたもまた、クラスの男子学生など限中にないように振舞っていた。